新型コロナウイルス感染対策について 2020年4月1日

日頃より、新居浜医療福祉生協の各事業をご利用いただきありがとうございます。さて、新型コロナウイルスの感染は拡がり、収束の目途が立たない状況です。新居浜市内でも感染者の発表があり、不安な毎日が続いています。しかし私どもの事業は、感染防止対策をとりながら、ご利用者様の毎日の生活の安定と、心身の保護のために、続けていかなければなりません。改めてご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

感染症対策の徹底について(基本方針)

1.ご利用者様への対応

・検温、心身状況確認の徹底。ご自宅へ迎えに行った時、利用開始時、お昼頃、帰宅前。

・利用開始時に発熱(概ね37度以上)、または、せき、倦怠感、下痢などの症状がある場合は、利用を控えていただく。

・事業所内でのご様子を注意深く確認。変化がある場合は、ご家族に連絡。

・ご家族の中に、首都圏、関西圏など、感染拡大地域から帰宅された方がいる場合は、お申し出ください。

ご相談の上、ご利用を控えていただくことがあります。

2.職員・事業所内の取り組み

・検温・マスク・うがい・手洗い・消毒・換気の徹底。

・出勤前に自宅で検温、概ね37度以上、または熱はなくても、せき、倦怠感がある場合も出勤しない。通常出勤時にも検温し記録。

・天候によっては常時窓を開ける。1時間~2時間ごとに換気。

・同一建物内に複数の事業所がある場合、建物内の人の動きを分ける。・部外者の入室禁止。

・職員の家族、近親者に感染者や、濃厚接触者がいる場合は申し出ること。

・日常生活においても、医療介護従事者であることを自覚し、衛生管理を徹底。集団感染の恐れがある場所への立ち入りは自粛。感染拡大地域への往来は自粛する。

・県外へ往来した場合は、所属長に報告し、内容によっては自宅待機を行う。

3.新型コロナウイルス感染が疑われる者が発生した場合の対応(厚生労働省通知)の対応

保健所の指示に従いながら ① 情報共有・報告等の実施 ② 消毒・清掃等の実施 ③ 濃厚接触が疑われる利用者・職員の特定 ④ 濃厚接触が疑われる利用者に係る適切な対応の実施 ⑤ 濃厚接触が疑われる職員に係る適切な対応の実施を行います。

4.事業の一時休止の場合の対応

ご利用者、職員から感染者が出た場合、まずご利用者、ご家族、担当ケアマネージャーに連絡し、自主的に2日間休止します。その間に「上記3」の対応を図り、その後は保健所等の指示を受けて事業が一定期間休止(期間は状況によって判断)になります。休止期間の対応については、ケアマネ、ご利用者ご家族とご相談します。

5.相談窓口 各事業所へご相談ください。公的相談窓口は下記のとおりです。

新居浜市新型コロナウイルス感染症対策本部 65-1349 8:30-21:00  土日祝日も可

帰国者・接触者相談センター   089-909-3483       24時間対応  土日祝日も可

愛媛県コールセンター         089-909-3468       24時間対応 土日祝日も可