新型コロナウイルス感染症対策 12月28日

がまんの年末年始、感染症対策を強めて乗り越えましょう。 12月28日

 コロナ禍の中、日々のお仕事お疲れ様です。今年一年もご苦労様でした。また、年末年始も仕事をされる職員のみなさまには、感謝いたします。今後、さらなる感染拡大の危機が迫っています。年末年始にあたり再度お願いをします。

1.いつでもどこでも、基本的感染症対策の徹底。

マスク・手洗い・消毒・換気・3密回避・検温等・体調不良を感じたら外出しない。

2.気になるご利用者様への働きかけを行いましょう。

 自粛ということで、家にこもりがちになり、高齢者の認知症やフレイルが進んだりすることが心配されます。患者・ご利用者や、組合員の方の生活を守る必要な援助を行いましょう。特に利用や、受診を控えておられる方への電話等での声掛けを行いましょう。

3.事業所でも自宅でも衛生資材を備蓄し、感染対策しましょう。

マスクや手指消毒液、ガウン、グローブなどの供給は、今後状況が急転する恐れもあり、常に備蓄状況を把握して早めの措置をしましょう。家庭内での備えも怠らず。

4.会食や施設利用は感染予防策を徹底することが前提です。5人以上での会食は控えてください。(感染リスクが高まる5つの場面より)

 ①飲酒を伴う懇親会等 : 注意力低下、大声、回し飲みや箸の共用など

 ②大人数や長時間におよぶ飲食: 大声、飛沫など

 ③マスクなしでの会話 :飛沫感染、カラオケなどでの感染、移動する際の車中など

 ④狭い空間での共同生活:寮の部屋、トイレなどの共用部分など

 ⑤居場所の切り替わり :休憩時間の気の緩み (複数での食事など)、休憩室更衣室

5.旅行などは、不要不急の移動を行わないでください。年末年始の帰省による往来は自粛してください。

感染リスクが高いため、国内外問わず不要不急の移動は行わないでください。止むを得ない場合は申請書を提出し、帰宅後の待機指示に従ってください。

6.人権を尊重し、SNS含め情報管理に細心の注意を払いましょう。

感染者や、その家族が誹謗中傷を受けたと報告されています。デマやフェイクニュースに踊らされぬようにしましょう。不用意な会話・SNSでのつぶやきで、他人を傷つけないようにしましょう。守秘義務や情報管理にも細心の注意を払ってください。

※愛媛県知事からのメッセージ 年末年始の注意事項

①帰省など感染拡大地域との往来に注意

➣帰省や県外旅行時は、各自治体の感染状況や呼びかけを確認

➣帰省時期をずらす、休暇を分散して取得する等の工夫を

➣高齢者、基礎疾患のある家族がいる場合は特に注意

②県外の旧友たちとの会合に注意

➣同窓会など、普段会わない方同士の集まりは特に注意

➣飲酒を伴う会合は特に注意。お店だけでなく家庭内でも

③季節行事の人混みに注意

➣クリスマス、大晦日、初詣など、不特定多数の人混みに注意

➣今年は、ご家族でゆっくり過ごすなど、新しい過ごし方を

ご利用者・ご家族のみなさまへ 年末年始にむけた新型コロナウイルス感染拡大防止への対応について(お願い)

 日頃より、各事業所をご利用いただきありがとうございます。

12月にはいり、全国的に新型コロナウイルス感染症の感染確認者数が急増しています。それに伴い、重症患者数が増え、「医療崩壊」がおこりつつあります。愛媛県内においても、クラスターや、新規感染者の発生が連日続いています。国もGo Toトラベルの全国一斉停止などの、厳しい方針を打ち出しました。

 これから年末年始にかけて、ご利用者様が県外に行かれたり、ご利用者のご家族様が県外から帰省される方もいらっしゃることと思います。この感染症は「無症状」の患者さんからの感染や、感染経路がわからない「市中感染」からも拡がっており、予断を許さない状況が続きます。

 施設内に感染症が流行したら、多くのご高齢のご利用者に感染が拡がり、重症化するおそれがあることから、これまで県外に行かれたご利用者様、また県外から来訪された方と接触されたご利用者様には、原則2週間程度の利用を控えていただきました。現在の状況からは、引き続きこの対応を続けさせていただきますので、ご不便ご不自由をおかけしますが、一層のご理解をいただくようお願い申し上げます。

なお、詳細な事例や、個別のご事情についてはご相談ください。年末年始、お身体くれぐれもご自愛ください。

下記の取り組みは続けてまいります。

1.(1)利用開始時に発熱(概ね37度以上)、またはせきなどの感冒症状、倦怠感、下痢、味覚・嗅覚異常などの症状がある場合は、ご利用を中止させていただきます。 ※同居のご家族に上記の症状がある場合も、ご利用前にご相談ください。

(2)サービス利用中に、体調の変化がある場合はご家族に連絡します。

2.感染拡大地域から14日間以内に、帰省されたご家族がいらっしゃる場合は、ご利用を14日間程度控えていただきます。他の地域についても状況により、控えていただくことがあります。

3.グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅の面会は、面会制限をいたします。ただし、オンライン面会の実施など、ご相談に応じてまいります。

4.新居浜医療福祉生活協同組合事業所・職員の感染症防止策は、基本的な感染症対策はもちろん、日常生活にも注意をよびかけ、移動を控えるよう自粛しています。

(1)ご利用者以外の入室は制限し、3つの密「密閉、密接、密集」を避けるよう努めます。また、事業所内の消毒、室内の換気、席の配置等には十分配慮します。

(2)本人・同居家族等に発熱・風邪症状を認めた場合は、回復後も3日間は出勤しないことを徹底します。

(3)マスクの着用を含む咳エチケットや、手洗い、アルコール消毒を徹底します。    

(4)パソコン・タブレット、その他共用物および共用スペースの消毒を徹底します。 

(5)医療・介護従事者の自覚を持って行動します。